• takamiyaen

春からのおもと、春蘭、山野草の培養管理

●3月は消毒して下さい。月2回細菌,害虫を早く駆除することです。虫が発生したら手遅れです、最近の気候変動は高温多湿に対応した消毒が必要になります。アブラムシはウィルス病原体が直ぐにまん延します。虫によるもの、細菌性のウイルス性の病原菌など解らないことが度々経験させられます。首腐れはおもとの病原菌で予防法が困難です。周りの植物にはこれからアブラムシが付きますので要注意です。農薬は便利ですが木酢液を使い熟す法もあります。福島県産木紅木キクノ-ルは良いもののようです。温室全体は200倍から300倍で地面消毒、葉面散布は1.000倍です。2週間に1度は散布してください。木酢は薬害のないものですので安全です。ご参考まで。 ●風通をよくするために扇風機を使いますが天井に向けて温室の空気を循環させるよう心がけます。直接に風を当てると乾燥して枯れます。 ●芋切、植え替えと忙しいですが手抜きをしないことです、植え替え用具、ランセット、はさみは火炎消毒することです。器具は第三リンナトリュウムで消毒して下さい。トップジン、ダコニ-ルベンレ-トなど植え替え芋切株割子苗植え替え時期に消毒することです。適切に薬剤で病原菌を断つことしかありません。 立ち枯れ病はストレプトマイシン、アグリマイシンなど農業用を用いますがあまり効き目はありませんでした。今年は木作を1月から今年はしっかりやるつもりです。 ●最近の植木鉢は培養にはプラバチが良く使われます。必ずプラバチ消毒用のイチバンで消毒することです


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年おもとの葉にコナカイガラムシが付きました。これまではカイガラムシの害は無でしたがこの1年間の間に次から次におもとの葉の芯から葉の隙間に綿のようにつきます。つきはじめは筆でとれますがすこし時間がたつとカイガラの草履の形になります。熱心の観察していますがなかなか死滅することがありませんでした。カイガラムシは農薬のスプラサイド、カルホス乳剤を使いますが全然効果は見られませんでした。そこで困り果てネッ

5月、6月はおもとの新芽が3枚から4枚展開し芽当たりが動きだし割子芽が確認できます。首元が大きく膨らみおもと培養者にはおもと作りの醍醐味が味わえる楽しい季節です。昨年の秋からの管理がおもとに現れてきます。毎年今年こそと頑張っておりますがなかなか思うようにはいきません。3月に芋切した芋吹きの状態も気になります。5月6月でほとんど吹き上がります。芋吹きの管理は水加減に注意します。今年の作柄はこの時期に